2016/09/26

イギリスのボーディング・スクール7つの魅力

こんにちは、教育推進・連携部のRです。今日は、イギリスのボーディング・スクールについてご紹介します。


「ボーディング・スクール」と聞いたとき、ハリー・ポッターの世界を思い浮かべる人も多いかもしれません。イギリスのボーディング・スクールは、18歳までの生徒が学校で生活しながら勉強する寮制の学校で、GCSE、Aレベル、国際バカロレアなど、国際的に認められている資格の勉強ができます。


イギリス全土に公立・私立合わせて525のボーディング・スクールがありますが、私立のボーディング・スクールではあらゆる国籍の生徒を受け入れており、2015年には、世界中から集まる約27,000人の留学生が学んでいます。

多くの留学生を惹きつけるイギリス・ボーディング・スクールの魅力はどんなところにあるのでしょうか?その7つの魅力をご紹介します。

                                                                                         © Christ College Brecon











大学進学への準備を、最高の環境で
イギリスのボーディング・スクールは大多数が私立校ですが、2015年にはイギリスの私立学校卒業生の92%が大学・カレッジに進学し、うち大多数が、英国のトップ大学に合格しています(Independent Schools Council, 2016)。ボーディング・スクールでは、質の高い授業、設備、サポートにより、自由な発想を促し、可能性を最大限に伸ばすための教育を行っています。近代的な教室と歴史ある美しい建築も魅力です。


将来の夢に向けた準備 
イギリスの資格は世界中の企業から認められており、将来のキャリアに向けた基礎を身につけることができます。資格だけでなく、世界中から集まる生徒と生活し、交流することで、語学力を磨き他文化への理解を深めることができます。まさに国際ビジネスの世界への最適な準備となります。


英語の習得 
イギリスのボーディング・スクールは、ほとんど英語のできない子どもが英語を完璧に使いこなし、大学で勉強できるレベルまでにするエキスパート。少人数のクラスで、またたく間に英語が上達し、イギリス式の発音まで身につきます。多くの学校で英語の無料補習授業も行っています。
                                                                                   © Queen’s College, Taunton











イギリスならではの文化体験 
イギリスで勉強することは、教師やクラスメイトとイギリスの美しいカントリーサイドや都市の魅力を発見するチャンスでもあります。


多彩な課外活動にチャレンジ 
イギリスでは、音楽、演劇、芸術やスポーツがたいへん重視されており、多様な課外活動により、創造力、自信、チームワークの精神を養うことができます。多くの学校で、放課後や週末に写真、サッカー、演劇、プログラミング、絵画、乗馬などの幅広い芸術とスポーツのクラスを開講しています。
                                                                                     © St Bees School, Cumbria











国際的なコミュニティの一員になる 
イギリスのボーディング・スクールは、あらゆる信仰、国籍、文化的背景の生徒を歓迎しています。国際的な環境で学ぶことにより、様々な国の生徒と友達になり、異文化理解のために不可欠なスキルを身につけることができます。


質の保証 
イギリスのボーディング・スクールが学校や寮に生徒を受け入れるためには、英国政府等が定める厳しい基準を満たさなければなりません。これらの基準は、授業の質、滞在施設、福祉、設備などを含みます。
                                                                            © VisitBritain / Britain on View











ボーディング・スクールに関するより詳しい情報は、ブリティッシュ・カウンシルのEducation UKウェブサイトをご覧ください。


ブリティッシュ・カウンシル主催「英国留学フェア2016」


イギリスのボーディング・スクール6校を含む50校以上の教育機関の担当者が来日し、留学希望者・保護者・学校関係者の皆様からの個別相談に応じます(通訳付き)。

ボーディング・スクールでの生活について、直接じっくり説明を聞く機会をぜひご活用ください。英語力や費用の面で長期留学が難しい場合でも、日本の学校を休学して1学期~1年間体験留学をできる学校や、夏休みに留学生を対象とした2~8週間のサマー・プログラムを実施している学校も多くあります。

                                                                                                     © British Council











日時:2016年10月22日(土)午後1時~午後6時
会場:秋葉原UDX GALLERY
イベント詳細はこちら


関連リンク
IELTS(アイエルツ)
英会話スクール

ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。ご登録はこちらから。

2016/09/21

英文メールが得意になりたい方に!「仕事で使える」英文法&ライティング

こんにちは。英語教育部門のMNです。

今日は、2016年10 月から始まる「仕事で使える英文法&ライティングコース」をご紹介します。
仕事での英文メールを書くために長い時間をかけてしまっている方、大切なビジネスパートナーに出す英文レターに毎回苦労している方、スピーキングは出来てもライティングに自信がない、そんな方におすすめのコースです。

本コースでは、まずは英文法をしっかりブラッシュアップし、その上で、ビジネス文章の言い回しの中で、何がフォーマルかインフォーマルかを理解していきます。基礎を身につけた後、実践的なビジネスメールやレターの作成に取り掛かります。
ビジネスメールやレターでは、5つの”C“が重要なポイントと言われます。

ビジネスメールやレターを書く上で重要な5つのC
・ Clear(明瞭)
・ Concise(簡潔)
・ Complete(完全)
・ Courteous(丁重)
・ Correct(正確)

この5つのポイントに則したビジネスメールやレターを作成していくために、レッスン内では、読みやすいメールや、フォーマルなレターの構造、目的などをしっかりと理解し、よく使われる丁重な文章の言い回しなども覚えていきます。
その上で、分かりづらい事例と分かりやすい事例も見ていきます。

サンプルとして、少しだけ教材をお見せします。





これが分かりづらい事例のメールの書き出し。何が目的のメールだか分からず混乱を招いてしまいますね。








では、分かりやすいメールの書き出しはどうでしょう?






何が目的かはっきりとわかりますね。












こうした実例を見た上で、コースでは実際に皆さんも実践編として英文メールやレターを作っていただきます。
コースでは、その他にもレポート、議事録、提案書などの実践演習を織り交ぜながらしっかりと仕事の場で使える英文ライティングに取り組んでいきます。

プロフェッショナルな英文を書きたいあらゆる業種の方に、ぜひともおすすめしたいコースです。

10週間コースのスケジュールは以下のとおりです。

2016年10月9日(日) ~ 14:15~17:15 3時間×10週間

コースの詳細はこちら

ぜひお気軽にお問合せください。


関連リンク
英会話スクール
英国(イギリス)留学
IELTS(アイエルツ)

ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。ご登録はこちらから。

2016/09/16

「英国カルチャーコース」ってどんなコース?

こんにちは、英語教育部門のMNです。

ブリティッシュ・カウンシル英会話スクールでは、2016年10月から新しく10週間の「英国カルチャーコース」が開講します。

本コースでは、多様な側面の英国カルチャーへの理解を深めつつ、自然に英語を話すための英語力の上達も目指していきます。今回は、この「英国カルチャーコース」の内容を、少し先取りして、ご紹介しますね。

全10回にわたり開催されるこのコースでは、英国カルチャー関連のトピックを、数人の講師が自分の得意分野に絡めて、独自に教材を開発しています。例えば、そのうちの1つの回は、英国ならではの「パブ文化」に着目。パブについての基礎知識、パブ独特のキーワードを覚えつつ、パブでの注文のやりとりのロールプレイも交えながら、英会話の練習もしていきます。


また、英国コメディー、特に「スタンドアップコメディー」がメインのトピックとなる回もあります。スタンドアップコメディーとは漫談のようなスタイルで観客を笑わせる形式のショー。レッスンでは、各種コメディーのスタイルを理解した後、このスタンドアップコメディーを映像で見て、それをテーマにしたディスカッションをしていきます。

「カントリーサイド」を取り上げる回では、英国の各地にある風光明媚な観光地について理解を深めるとともに、日本の観光地についてもディスカッションしていきます。今回は特別に、教材を少しだけお見せします!

レッスンでお渡しする教材のイメージ
そのほか、英国料理について、スポーツ、フェスティバルなど、毎回異なる英国カルチャー関連のトピックを取り上げていきます。 


10週間にわたる「英国カルチャーコース」は、飯田橋本校にて以下のスケジュールで行います。

水曜日コース:毎週水曜日 2016年10月5日(水)~
土曜日コース:毎週土曜日 2016年10月8日(土)~
コースの詳細はこちら

英国好きな方、英国のことをもっと知りたい方、英国旅行を考えている方などにおすすめです。英語で英国カルチャーのトピックを話す、楽しいひと時をぜひ過ごしてみませんか?

関連リンク
英会話スクール
英国(イギリス)留学
IELTS(アイエルツ)

ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。ご登録はこちらから。