2016/12/08

英語上達に役立つプロフェッショナルなアドバイスを、スチューデント・アドバイザーから無料で受けてみませんか?

こんにちは。英会話スクール飯田橋本校でコンサルタントを担当している、英語教育部門のMです。朝晩一段と冷え込む季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今日は、皆さまの英語学習をお手伝いするスチューデント・アドバイザーJoeの個別学習相談室、Drop in Roomをご紹介いたします。

© Mat Wright

英語が話せるようになりたい、仕事で英語が求められている、英語検定に挑戦したいなどなど英語学習の動機や目的は様々ですが、英語を習得することによって経験できることが増えると人生がより豊かになりますよね!

でも日々学習されている皆さまには、もっと話せるようになるために良いアイデアが欲しい、より効率的な勉強方法を知りたい、自分に合った教材を探したいなどとお考えの方も多いと思います。

英語学習についてこのような疑問をお持ちの方は、ブリティッシュ・カウンシルならではのDrop in Roomを利用してみませんか?国際英語教授資格を持ったJoeがおひとりおひとりにプロフェッショナルなアドバイスを提供いたします。


ブリティッシュ・カウンシル英会話スクールでコースをご受講中の方は、どなたでもスチューデント・アドバイザーの Joe による無料の個別学習相談室をご利用いただけます。基本的に毎週火曜日、木曜日、金曜日の実施時間帯(※1)に無料で10分間、個別にアドバイスを受けることができます。

火曜日 20:30-21:00
木曜日 15:30-16:00
金曜日 20:30-21:00


※1 英会話スクールのお休み期間を除く。またそれ以外の日程で、お休みの場合は、基本的にWebページにてご案内します。ただし、予告なしにお休みになる場合もありえますので、何卒ご了承ください。(急きょお休みとなった場合は、受付のボードでご案内いたします。)


対象者
ブリティッシュ・カウンシル英会話スクールで現在コースをご受講されている方
※グループではなく一対一の個別アドバイスとなります。

アドバイス内容
英語学習の方法や教材、また受講中のクラスに関する質問、英国文化に関する質問など
例)「英国文化に興味があり、関連の本を読みたいと思っているが、どの本を読んだらよいかわからない。」など
  <アドバイス対象外>
  レッスンの宿題添削、論文添削
   ※5分~10分で解決ができる簡単な質問については聞いていただいてかまいません。

参加方法
事前予約は不要です

実施場所
ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール飯田橋本校
 個別学習相談室を実施する部屋は、当日受付に設置してあるボードにてご案内いたし
 ます。部屋をご自身でご確認いただき、アドバイス実施時間に直接部屋にお越し
 ください。

関連リンク
英会話スクール
英国(イギリス)留学
IELTS(アイエルツ)


ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。ご登録はこちらから。


2016/11/15

英文ライティング力を身につけたい方に! myClass Writingレッスン宿題添削スタートのお知らせ

こんにちは。英語教育部門のMNです

今日は、myClassをご受講している方に、大好評をいただいている「myClass ※ Writingレッスン宿題添削」についてご紹介します。


                                                          © Mat Wright


myClassレッスンの後、学んだ英語のライティングを実践する機会がなく、いつまで経っても英作文に自信を持てない、と感じていませんか?

今日ご紹介する「myClass Writingレッスン宿題添削」は、レッスンで出された英語ライティングの課題を専用メールアドレスにお送りいただくと、ネイティブの講師が添削し、
1週間以内にメールで返信を受け取ることができるサービスです。
(提出できるライティングは、1回のレッスンにつき1回限りです。)

※詳しいガイドラインは、myClass Writingレッスン内で講師からお配りしております。
また、myClass会員サイトのポップアップニュースから詳しいガイドラインをご覧いただけます。



【添削された英語ライティングの例】


「myClass Writingレッスン宿題添削」は、ネイティブの講師から直接フィードバックを受けることができ、さらにmyClass Writingレッスンの中で学んだ知識の理解度を確認するうえでも、とてもよい機会です。

この「myClass Writingレッスン宿題添削」を使って、英語のスピーキング力だけでなく、
ライティング力も一緒に磨いていきませんか?

※今ならmyClassを短期間にお得に受講できる「myClass 20お試しキャンペーン」実施中!


関連リンク
総合的に英会話を学ぶスタンダードコース「myClass」  
英会話スクール
英国(イギリス)留学
IELTS(アイエルツ)

ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。ご登録はこちらから。

2016/09/26

イギリスのボーディング・スクール7つの魅力

こんにちは、教育推進・連携部のRです。今日は、イギリスのボーディング・スクールについてご紹介します。


「ボーディング・スクール」と聞いたとき、ハリー・ポッターの世界を思い浮かべる人も多いかもしれません。イギリスのボーディング・スクールは、18歳までの生徒が学校で生活しながら勉強する寮制の学校で、GCSE、Aレベル、国際バカロレアなど、国際的に認められている資格の勉強ができます。


イギリス全土に公立・私立合わせて525のボーディング・スクールがありますが、私立のボーディング・スクールではあらゆる国籍の生徒を受け入れており、2015年には、世界中から集まる約27,000人の留学生が学んでいます。

多くの留学生を惹きつけるイギリス・ボーディング・スクールの魅力はどんなところにあるのでしょうか?その7つの魅力をご紹介します。

                                                                                         © Christ College Brecon











大学進学への準備を、最高の環境で
イギリスのボーディング・スクールは大多数が私立校ですが、2015年にはイギリスの私立学校卒業生の92%が大学・カレッジに進学し、うち大多数が、英国のトップ大学に合格しています(Independent Schools Council, 2016)。ボーディング・スクールでは、質の高い授業、設備、サポートにより、自由な発想を促し、可能性を最大限に伸ばすための教育を行っています。近代的な教室と歴史ある美しい建築も魅力です。


将来の夢に向けた準備 
イギリスの資格は世界中の企業から認められており、将来のキャリアに向けた基礎を身につけることができます。資格だけでなく、世界中から集まる生徒と生活し、交流することで、語学力を磨き他文化への理解を深めることができます。まさに国際ビジネスの世界への最適な準備となります。


英語の習得 
イギリスのボーディング・スクールは、ほとんど英語のできない子どもが英語を完璧に使いこなし、大学で勉強できるレベルまでにするエキスパート。少人数のクラスで、またたく間に英語が上達し、イギリス式の発音まで身につきます。多くの学校で英語の無料補習授業も行っています。
                                                                                   © Queen’s College, Taunton











イギリスならではの文化体験 
イギリスで勉強することは、教師やクラスメイトとイギリスの美しいカントリーサイドや都市の魅力を発見するチャンスでもあります。


多彩な課外活動にチャレンジ 
イギリスでは、音楽、演劇、芸術やスポーツがたいへん重視されており、多様な課外活動により、創造力、自信、チームワークの精神を養うことができます。多くの学校で、放課後や週末に写真、サッカー、演劇、プログラミング、絵画、乗馬などの幅広い芸術とスポーツのクラスを開講しています。
                                                                                     © St Bees School, Cumbria











国際的なコミュニティの一員になる 
イギリスのボーディング・スクールは、あらゆる信仰、国籍、文化的背景の生徒を歓迎しています。国際的な環境で学ぶことにより、様々な国の生徒と友達になり、異文化理解のために不可欠なスキルを身につけることができます。


質の保証 
イギリスのボーディング・スクールが学校や寮に生徒を受け入れるためには、英国政府等が定める厳しい基準を満たさなければなりません。これらの基準は、授業の質、滞在施設、福祉、設備などを含みます。
                                                                            © VisitBritain / Britain on View











ボーディング・スクールに関するより詳しい情報は、ブリティッシュ・カウンシルのEducation UKウェブサイトをご覧ください。


ブリティッシュ・カウンシル主催「英国留学フェア2016」


イギリスのボーディング・スクール6校を含む50校以上の教育機関の担当者が来日し、留学希望者・保護者・学校関係者の皆様からの個別相談に応じます(通訳付き)。

ボーディング・スクールでの生活について、直接じっくり説明を聞く機会をぜひご活用ください。英語力や費用の面で長期留学が難しい場合でも、日本の学校を休学して1学期~1年間体験留学をできる学校や、夏休みに留学生を対象とした2~8週間のサマー・プログラムを実施している学校も多くあります。

                                                                                                     © British Council











日時:2016年10月22日(土)午後1時~午後6時
会場:秋葉原UDX GALLERY
イベント詳細はこちら


関連リンク
IELTS(アイエルツ)
英会話スクール

ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。ご登録はこちらから。

2016/09/21

英文メールが得意になりたい方に!「仕事で使える」英文法&ライティング

こんにちは。英語教育部門のMNです。

今日は、2016年10 月から始まる「仕事で使える英文法&ライティングコース」をご紹介します。
仕事での英文メールを書くために長い時間をかけてしまっている方、大切なビジネスパートナーに出す英文レターに毎回苦労している方、スピーキングは出来てもライティングに自信がない、そんな方におすすめのコースです。

本コースでは、まずは英文法をしっかりブラッシュアップし、その上で、ビジネス文章の言い回しの中で、何がフォーマルかインフォーマルかを理解していきます。基礎を身につけた後、実践的なビジネスメールやレターの作成に取り掛かります。
ビジネスメールやレターでは、5つの”C“が重要なポイントと言われます。

ビジネスメールやレターを書く上で重要な5つのC
・ Clear(明瞭)
・ Concise(簡潔)
・ Complete(完全)
・ Courteous(丁重)
・ Correct(正確)

この5つのポイントに則したビジネスメールやレターを作成していくために、レッスン内では、読みやすいメールや、フォーマルなレターの構造、目的などをしっかりと理解し、よく使われる丁重な文章の言い回しなども覚えていきます。
その上で、分かりづらい事例と分かりやすい事例も見ていきます。

サンプルとして、少しだけ教材をお見せします。





これが分かりづらい事例のメールの書き出し。何が目的のメールだか分からず混乱を招いてしまいますね。








では、分かりやすいメールの書き出しはどうでしょう?






何が目的かはっきりとわかりますね。












こうした実例を見た上で、コースでは実際に皆さんも実践編として英文メールやレターを作っていただきます。
コースでは、その他にもレポート、議事録、提案書などの実践演習を織り交ぜながらしっかりと仕事の場で使える英文ライティングに取り組んでいきます。

プロフェッショナルな英文を書きたいあらゆる業種の方に、ぜひともおすすめしたいコースです。

10週間コースのスケジュールは以下のとおりです。

2016年10月9日(日) ~ 14:15~17:15 3時間×10週間

コースの詳細はこちら

ぜひお気軽にお問合せください。


関連リンク
英会話スクール
英国(イギリス)留学
IELTS(アイエルツ)

ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。ご登録はこちらから。

2016/09/16

「英国カルチャーコース」ってどんなコース?

こんにちは、英語教育部門のMNです。

ブリティッシュ・カウンシル英会話スクールでは、2016年10月から新しく10週間の「英国カルチャーコース」が開講します。

本コースでは、多様な側面の英国カルチャーへの理解を深めつつ、自然に英語を話すための英語力の上達も目指していきます。今回は、この「英国カルチャーコース」の内容を、少し先取りして、ご紹介しますね。

全10回にわたり開催されるこのコースでは、英国カルチャー関連のトピックを、数人の講師が自分の得意分野に絡めて、独自に教材を開発しています。例えば、そのうちの1つの回は、英国ならではの「パブ文化」に着目。パブについての基礎知識、パブ独特のキーワードを覚えつつ、パブでの注文のやりとりのロールプレイも交えながら、英会話の練習もしていきます。


また、英国コメディー、特に「スタンドアップコメディー」がメインのトピックとなる回もあります。スタンドアップコメディーとは漫談のようなスタイルで観客を笑わせる形式のショー。レッスンでは、各種コメディーのスタイルを理解した後、このスタンドアップコメディーを映像で見て、それをテーマにしたディスカッションをしていきます。

「カントリーサイド」を取り上げる回では、英国の各地にある風光明媚な観光地について理解を深めるとともに、日本の観光地についてもディスカッションしていきます。今回は特別に、教材を少しだけお見せします!

レッスンでお渡しする教材のイメージ
そのほか、英国料理について、スポーツ、フェスティバルなど、毎回異なる英国カルチャー関連のトピックを取り上げていきます。 


10週間にわたる「英国カルチャーコース」は、飯田橋本校にて以下のスケジュールで行います。

水曜日コース:毎週水曜日 2016年10月5日(水)~
土曜日コース:毎週土曜日 2016年10月8日(土)~
コースの詳細はこちら

英国好きな方、英国のことをもっと知りたい方、英国旅行を考えている方などにおすすめです。英語で英国カルチャーのトピックを話す、楽しいひと時をぜひ過ごしてみませんか?

関連リンク
英会話スクール
英国(イギリス)留学
IELTS(アイエルツ)

ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。ご登録はこちらから。

2016/08/05

小学校教員の皆さま、英語教育のためのアクティビティを体験しませんか?

こんにちは。英語教育部門のMです。 

2016年8月17日(水)、飯田橋にある当機関では、小学校の教員の方に向けた研修プログラム「外国語活動スキルアップワークショップ」として、2つのコースを行います。今日は、これらのコースでどのようなアクティビティを体験できるのかを、少しだけご紹介します。

当日10時から行われるコース「物語(絵本)の活用」では、教室で絵本を扱うときに役立つ表現を学び、絵本を使ったアクティビティを体験。指導法を練習する時間もあり、楽しみながら自信をつけていただけます。



また本コースでは、『Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?』『Where is Spot?』『Bark, George』をはじめとしたお薦めの絵本も紹介。英語教授に関する国際資格をもつ講師が、教室での授業のイメージやノウハウを持ち帰っていただけるよう、ワークショップを行います。

過去に受講された先生方からは、下記のような嬉しいコメントが寄せられました。


  • 思った以上に絵本の世界やその絵に集中する姿が見られ、指導者の言葉に注意深く耳を傾けるようになってきたと思う。絵本の力を感じた。
  • ストーリーの面白さに気付き、「もっと真剣に聞こう」というリスニングへの高まりが感じられた。
  • 子供達は英語で物語を聞いて「英語の話が分かった」事を大変喜んでいた。自分でも読んでみたいという意欲を持ち、実際に手に取って読む姿が見られた。
  • 質問が出たり、驚いたり、笑顔と児童のレスポンスが格段に増えた事が一番大きな変化である。


明日からの授業に役立つ内容のワークショップですので、小学校の教員の皆さま、ぜひこの機会にご参加ください。当日は14時からのコース「教室英語と楽しいスピーキング活動」も実施します。

お申込み・詳細はこちらから↓
小学校教員向けの研修プログラム「外国語活動スキルアップワークショップ」


関連リンク
英語教育支援
英語教育推進リーダー中央研修
指導者向けサイト TeachingEnglish
授業案および教材サイト

ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。ご登録はこちらから。

2016/06/23

国際化がさらに進む、英国の教育機関 - 6人に1人が海外の学生に

こんにちは、広報・マーケティング部のHです。

当機関が開催する、留学イベントやフェアに参加していると、留学経験者の方々が「さまざまな国の留学生から刺激を受けた」と話しているのをよく耳にします。留学先の文化に触れるだけでなく、各国から集まる学生との関わりは、多様性の重要さを学ぶ、貴重な体験であったと語っていました。

そこで今回は、2016年6月に英国大学協会「Universities UK」の国際部門「UK Higher Education International Unit」が発表した、高等教育の国際化に関する情報「International Higher Education in Facts and Figures 2016」を、皆さんに紹介します。

大勢の留学生が集まる英国
今回発表された情報からは、世界の留学生のうち約10人に1人は英国に留学し、アメリカに次いで2番目に多くの学生が留学先に英国を選ぶことが分かりました。

またここでは、国ごとに学生全体の留学生の割合についても触れられています。アメリカでは国内の学生の25人に1人が他国からの学生であるのに対して、英国では6人に1人という結果に。このことは、英国の学生生活が、いかに国際的な環境であるかを表しています。

Source: OECD Education at a Glance (2015)


留学生たちの満足度は?
また英国、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドといった英語圏の国での、学部留学生の満足度に関する調査結果が明らかになりました。

英国は、学習面、生活面、サポート体制など、すべての項目において評価が最も高く、留学生一人ひとりが、自身の留学生活に総合的に満足していることが分かりました。多くの留学生の満足度が、結果的に大学の国際的な環境づくりにつながっているのかもしれません。

実際に、英国は世界中から留学生を受け入れてきた長い歴史があり、あらゆる国の多様な文化、信仰を持つ人々を温かく迎えています。また教育機関が、政府や教育団体の定めた厳しい基準を満たしているため、充実した設備の中で、留学生が質の高い教育を受けることができます。

Source: International Student Barometer, I-graduate (2015)

研究活動もグローバルに
また英国では、留学生による高等教育の国際化だけでなく、研究を通してもグローバルなネットワークがあります。この調査では、英国にいる4人に1人の研究者は海外からの人材で、ほぼ半数の学術書は、海外の研究者との共著であることが分かりました。欧米だけでなく、日本、中国、韓国、インドなど、アジア圏の研究者も学術書の執筆に関わっています。

留学をきっかけに、研究の道へ進む人たちにとっても、英国の国際的な環境は、さまざまな機会に恵まれた場所だといえるでしょう。



ぜひ留学先を迷っている方、英国留学に関する情報を集めている方は、当機関の「Education UK 」サイトをご覧ください。留学を考え始めた方はもちろん、漠然と留学を考える方にとっても有益な情報を掲載しています。留学イベントも定期的に行っていますので、ご自身の関心に合わせたフェアやセミナーにご参加ください。留学先の選び方、IELTSの試験のコツ、奨学金の情報など、専門のスタッフがご案内します。

また、英国留学に関するニュースレターも毎月無料で配信しているので、こちらもぜひご登録ください。

Rosalind Lowe. "International higher education in facts and figures". Universities UK. 2016 http://www.universitiesuk.ac.uk/blog/Pages/international-higher-education-in-facts-and-figures.aspx (参照2016-06-17) 

関連リンク
IELTS(アイエルツ)
英会話スクール

ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。ご登録はこちらから。

2016/03/23

実りのある留学を成功させるために! 「英国留学フェア」活用法を紹介

こんにちは。教育推進・連携部のRです。

2016年3月28日(月)、ブリティッシュ・カウンシルで「春の英国留学フェア2016」が17時~開催します。英国の大学、カレッジや語学学校などを含む36校の教育機関が参加します。
 
フェアの詳細はこちら

「フェアではどんな情報がもらえるの?」
「どんなふうに会場をまわればいいの?」

留学を考えているけれど、情報収集の仕方がイマイチわからない、という方も多いのではないでしょうか。

留学準備の段階や、希望する留学の種類によって、「英国留学フェア」の活用の仕方はさまざまです。今回は、≪タイプ別≫留学フェアの過ごし方を見てみましょう。

≪留学に興味はあるけど、何から始めたいいのかわからない方は…≫


英国留学基礎セミナーに参加
語学留学を考え始めた方には「英国語学留学基礎セミナー」、大学・大学院の留学を考え始めた方には「英国大学・大学院(短期・交換留学含む)留学基礎セミナー」がおすすめ。学校のタイプとコースの選び方、必要な費用、入学資格などについてご紹介します。

セミナーの様子
英国留学経験者の話を聞く
セミナー「英国留学経験者による体験談」では、パネルディスカッション形式で留学準備、現地での生活、留学後の進路などについての話を聞くことができます。また「英国留学経験者ブース」では、語学留学、大学学部留学、大学院留学などの経験者が、「留学したい!」という気持ちをどうやって実現させればいいのか、親切に相談に乗ってくれます。

昨年度ご参加いただいた、英国留学経験者の皆さま

留学準備に役立つガイドブックを入手
来場された方全員に、英語留学の準備に役立つ「英国語学留学ガイドブック2016/2017」と英国の大学で提供される短期コースの情報が満載の「英国大学短期留学ガイドブック2016 / 2017」を配布します。

「英国語学留学ガイドブック2016/2017」

≪希望する留学の種類、勉強したい分野がなんとなく絞れてきた方は…≫


学校ブースで留学相談
受付で配布する会場マップに、各学校が提供するコースの一覧とブースの場所が記載してあります。興味のあるコースを提供する学校のブースで、パンフレットをもらったり、入学資格や奨学金についてなど、気になることを相談してみましょう。各ブースには日本語の通訳スタッフがいるので、英語に自信がなくても安心です!

学校ブースの様子

≪留学したいけど、英語力が心配な方は…≫



IELTS ネイディブ講師によるデモレッスン
IELTSに関する情報を入手
セミナー「留学に必要な英語の資格IELTSの説明会とネイティブ講師によるデモレッスン」に参加しましょう。IELTSの概要、スコアアップのコツなどをご紹介します。また「IELTSブース」ではIELTSに関する個別相談を実施。試験に関する質問にお答えします。

IELTSブースの様子
英語対策ブースで相談
ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール」では留学準備に役立つ英会話コースを多数開講しています。「英語対策ブースで」ご相談いただいた方、先着100名様にオリジナルブックレット「イギリス&アメリカあれこれ~英語と文化・紹介コラム集~」をプレゼントするほか、入学金割引の情報も。

「イギリス&アメリカあれこれ 英語と文化・紹介コラム集」ブックレット



≪留学したいけど、費用が心配な方は…≫


奨学金に関する情報を入手する
当フェアには独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)の奨学金スタッフが参加。奨学金セミナーでは英国留学に利用できる各種奨学金についてご紹介するほか、「奨学金相談ブース」では個別相談を実施します。

また、各学校ブースでもぜひ質問してみましょう。多くの大学などが、留学生を対象とした独自の奨学金を提供しています。

現地で必要な生活費について質問する
各学校ブースの担当者が、留学に必要となる授業料や生活費の目安について教えてくれます。また、経験者から倹約術やおすすめのアルバイト情報をもらえるかもしれません。


≪具体的な渡航準備に関する情報が欲しい方は…≫


ビザ相談ブース
駐日英国大使館の担当者が、ビザ申請に関する具体的な質問にお答えします。

パートナー企業ブース
海外留学保険、宿舎や航空券の手配など、渡航の具体的な準備を始めた方は、ぜひこちらへ。専門スタッフが、お得なプランをご紹介します。



皆さま、ぜひ「春の英国留学フェア2016」で、留学に関する情報をたくさん集めてくださいね。 参加事前登録をすると記念品がもらえるキャンペーンも実施しているので、こちらもお見逃しなく!

なお、当機関主催の「英国留学フェア」はこれまでも定期的に実施しており、前回は2015年10月に行われました。当日の様子はこちらにてご覧ください。


関連リンク
英国留学
IELTS(アイエルツ)
英会話スクール

当機関では、ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。登録はこちらから。