2015/11/30

<高校生英語留学のためのヒント> 本場イギリスで英語を勉強する10の理由をご紹介

こんにちは。 教育推進・連携部のRです。

2015年10月21日から、平成28年度官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム【高校生コース】」の募集が開始されました。前年度と比べ、今年度の募集では、全体の募集人数が300名から500名に大幅に増員されたほか、短期間海外の語学学校で英語をはじめとした外国語を学ぶための枠(対象140名程度)が新設されました。この奨学金を利用してお子様の英語力の向上をお考えの方も多いかと思います。

といっても、どの国を選べばいいか迷っている方も多いのではないでしょうか? イギリスは英語学習のための留学先として世界で最も人気がある国。毎年世界から約60万人が留学しており、英語を母語とするどの国と比べても最大の人数を誇っています。この数が、英語留学先としての信頼性の高さを証明していますが、それでは、実際にはどのようなメリットがあるのでしょうか? 今回は、お子様の英語留学をご検討されている保護者の皆様に、イギリスへの語学留学をお勧めする10の理由をご紹介します。


© Mat Wright
1. 認定コースで安心の留学
イギリスの英語コースは世界でも有数の認定制度によって質の高さが保証されており、学校を選ぶ際の判断基準になります。ブリティッシュ・カウンシルはEnglish UKと共同で、英語教育機関を対象にしたアクレディテーションUK認定制度(Accreditation UK)を運営し、定期的に監査を行っています。認定を受けるためには、教師、教授法、施設、運営、福祉面などで、厳しい基準を満たしている必要があります。また、認定校を選ぶと、万が一閉校になった場合でも他の学校に追加料金なしで転学できるなどのメリットもあります。現在、500校以上の学校が認定を受けており、公認校はブリティッシュ・カウンシルのウェブサイトで確認できます。英語留学の際には、ぜひAccreditation UKメンバー校からお選びください。

2. 児童・生徒の安全保護対策
イギリスの語学学校では、未成年の児童・生徒の安全を最優先に考えています。18歳以下の児童・生徒が学ぶ学校は、児童・生徒の保護に関する厳しい基準を満たし、公的な審査にパスしなければなりません。教師や学校のスタッフも、適性を事前にチェックされます。また、児童・生徒の安全を守るための数多くの規則などが整備されています。

3. 英語の母国
イギリスは、英語の発祥地。英語教育にも長い歴史と伝統を持つほか、毎日を英語漬けで過ごすことができます。短期間で英語力を一気に伸ばすには、学校の外でも英語に触れる機会が不可欠です。ネイティブ・スピーカーとの交流、テレビや新聞などのメディアを通じて、「生の英語」を学び、練習することができるでしょう。

4. 伝統的な教授法と最新の教育メソッド
外国人への英語教授に長い歴史を有するイギリスでは、長年の経験に裏付けられた質の高い教育メソッドが実践されています。イギリスの英語教授法は海外の多くの国でも用いられているほど。それだけではなく、ゲーム、コンピューター、音楽、雑誌や映画を使った授業により、楽しみながら自然に英語を身につけることができます。問題解決やディスカッションを多用するなど、参加型のスタイルも特徴的です。

5. 選べるコース数は世界最多
イギリスで提供される英語コースは、世界でもっとも多彩だとされています。一般英語はもちろん、「イングリッシュ・プラス」と呼ばれる教室の外でも英語を使いたい人におすすめの、アートやスポーツなどを学べるコースや、アカデミック英語、IELTSやTOEFLなどの英語検定試験対策コースなど、目的に応じて幅広い選択肢が用意されています。レベル分けもとてもフレキシブルで、英語の初学者を受け入れている学校もたくさんあります。もしレベルが合っていないなどの不安を感じたら、留学生担当スタッフなどに伝えると、クラスを変更する、フォローアップを行うなど、快く相談に乗ってくれます。

6. 様々なタイプの学校・宿泊先
ビーチのそばにある学校、都市部に大規模な校舎と学生寮を備えた学校、キャンパス内Wifi完備の学校、最先端のIT設備を備えた学校、スポーツができるグラウンドやプールのある学校、何百年も前に建てられた貴族の屋敷を使った学校など、イギリスの語学学校のタイプはさまざま。それぞれで特別な体験をすることができます。滞在先もホームステイや学生寮から選ぶことができ、ホームステイではイギリスの家庭料理や生活を身近に体験できる一方、学生寮では自立した生活をしながらほかの学生と交流することができます。

7. イギリスの大学に進学するチャンスが拡大
イギリスの大学に進学する海外留学生の約60%は、すでに英語コースやファウンデーションコースなど、イギリスでの学習を経験しています。イギリスの語学学校では大学での学習に備えるためのアカデミック英語のコースが提供されているほか、多くの大学が高校生を対象に大学レベルの授業を体験できるコースを開講しています。

8. 豊かな歴史と文化
大英博物館をはじめとするイギリス国内にある博物館と美術館(その多くを無料で鑑賞できます)、シェイクスピアの演劇やミュージカル、ポップ、ロックからクラシックまで毎日のように開催されている音楽イベント、フットボール観戦や乗馬、映画のロケ地にもなった古代のお城、美しいカントリーサイドでのハイキング……。イギリスの伝統と文化の魅力は、どんな留学生も飽きさせません。観光地への訪問がセットになっている英語コースもたくさんあります。

9. 世界中の人々と交流するチャンス
イギリスはとっても国際色豊かな国。世界中のさまざまな国の人たちと交流できるほか、インド料理、レバノン料理、メキシコ料理など、世界各国の料理を楽しむことのできるレストラン、多様な文化を体験できるイベントも多数あります。もちろん語学学校でも、イタリア人、スイス人、トルコ人やモロッコ人など、日本から遠く離れた国からの留学生と友達になることができます。

10.  ヨーロッパの国々とのリンク
イギリスからは簡単にヨーロッパのほかの国々に旅行できます。ユーロスターや飛行機などを利用して、たったの1-2時間、格安でドイツやイタリアなどの国々に行くことができるほか、語学学校が提供しているコースの中にも、近隣の国への小旅行がセットになっているものが数多くあります。ヨーロッパという大きな枠組みの中で、イギリスをはじめとした各国の文化、歴史、相互の結びつきを深く理解する貴重な経験が得られます。

© Mat Wright
<イギリスへの英語留学のプランニング>
① 情報収集(留学の1年~6ヵ月前)
留学セミナーやフェアなどのイベントに参加することで英語留学の情報を集めることができます。ブリティッシュ・カウンシルが実施するイベントはこちらで確認いただけます。

② 学校・コース選択(留学の6~3月前)
イギリスで提供されている英語コースは、Education UKEnglish UKのウェブサイトで検索が可能。一週間当たりの授業時間数や費用、食事の有無などを確認できます。

③ 出願
ほとんどの学校では、ウェブサイトから資料・願書の入手や入学申請ができます。英語での手続きに不安がある場合は、留学エージェントで手続きの代行依頼も行えます。

④ 滞在先の手配
申込書を学校に送り、手配の依頼を行うことができます。

⑤渡航準備
パスポートやビザ(事前の取得が必要な場合)、航空券や留学生保険の手配をします。
英国ビザ・イミグレーション(UKVI)のウェブサイトでビザ申請に関する情報を確認できるほか、Education UKのウェブサイトでは、より詳しい情報を入手することができます。

関連リンク
英国留学
IELTS(アイエルツ)
英会話スクール

当機関では、ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。登録はこちらから。

2015/11/27

【12月開催の留学イベント情報】英国留学の魅力を各地でお伝えします!

こんにちは。広報・マーケティング部のHです。
12月は、東京、埼玉、長崎、静岡と各地でイベントが目白押し。当機関も専門スタッフが各イベントを訪れ、英国留学に関する情報をお伝えします。「どこに留学するか考えている」という方も、「英国留学を計画している」という方も、有益な情報が得られるチャンスですので、開催地域にお住まいでしたら、ぜひお立ち寄りください。


<12月4日(金)17:00~20:30 @駐日欧州連合代表部 ヨーロッパ・ハウス>
駐日欧州連合代表部主催の大学生のための交流イベント。ヨーロッパ圏への留学、食べ物、文化について、理解を深めることができます。当機関は英国留学に関するプレゼンテーションを行い英国留学の魅力をお伝えします。



© VisitBritain/ Rod Edwards

<12月12日(土)11:30~17:10  @長崎大学経済学部キャンパス>
各国・地域の大使館・政府関係機関・試験実施機関等の担当者が一堂に会するイベント。当機関も参加し、専門スタッフによる英国留学のプレゼンテーションを行うほか、個別相談にも応じます。


<12月13日(日)11:00~16:30  @グランシップ 10階(静岡県コンベンションアーツセンター)>
英国、アメリカ、オーストラリア、カナダの各国大使館・教育機関の担当者が集まります。当機関もフェアに参加し、英国留学に関する情報を中心に、奨学金や英語運用能力テスト「IELTS」についても紹介します。英語圏への留学をお考えでしたら、ぜひご参加ください。


© VisitBritain / Simon Winnall

<12月19日(土)11:00~16:30 @ソニックシティビル 4階市民ホール>
高校生、大学生、社会人の皆さまを対象にした本イベントには、各国・地域の大使館・政府関係機関・試験実施機関等の担当者が参加。当機関は、英国留学のプレゼンテーションを行うほか、個別相談も実施します。


<12月20日(日)10:00~17:30 @明治大学 駿河台キャンパス >
文部科学省と同省補助事業「経済社会の発展を牽引するグローバル 人材育成支援」に採択されている42大学、そしてグローバル30および大学の世界展開力強化事業採択大学などによる合同の相談・体験イベント。各国の大使館、各種試験団体、英語・キャリア教育関連団体などもブースを出展します。当機関は、英国留学に関するプレゼンテーションや個別相談を実施。そのほかイベントでは、海外で活躍する著名人のトークセッションやグローバルキャリアに関するワークショップなども行われる予定です。


関連リンク

当機関では、ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。登録はこちらから。

2015/11/24

IELTSの試験対策! 「おおさかグローバル塾」の長期留学準備講座

こんにちは。広報・マーケティング部のHです。いよいよ冬らしさを感じさせる季節になってきましたね。

今回は、ブリティッシュ・カウンシルが企画・運営を行う「おおさかグローバル塾」の長期留学準備講座について紹介します。

大阪府在住または在学の高校生を対象にして行われる「おおさかグローバル塾」。今年4月から今年度のプログラムが短期留学準備講座から始まり、7月末から8月にかけて英国短期留学、そして9月から長期留学準備講座が開始。塾生たちは、11月末まで本講座に参加します。


全8回の長期留学準備講座で、塾生たちはIELTS(アイエルツ)についての理解を深め、実際に海外進学に必要なスコアを取得できるよう、試験対策に取り組みます。スピーキング、ライティング、リスニング、リーディングと4技能を測定するIELTSは、論理的に意見を述べるスキルやプレゼンテーション力が必要に。そのため本講座では、英語で考え、英語で情報発信し、英語で問題解決する力を身に着けるためのカリキュラムが組まれています。


ライティング・タスクのレッスンで塾生たちは、グラフや図表の理解の仕方、文章の構成の仕方、質問を正確に理解し計画的に回答することを学習。また会話における答えの広げ方や、意見表明の方法といったスピーキングのスキルも身に付けます。リーディングにおいては、概要とテクニックを学ぶレッスンも。さらに英語で行われる講座を通じて、塾生たちは同時にリスニング力を養うことになります。長期留学準備講座の実施期間中には、実際にIELTSの受験も予定されているので、試験にむけてモチベーションを保ちながら取り組むことができるでしょう。


これまで様々なレッスンや、英国留学をともに経験してきた塾生たち。とくに7月末に出発した英国短期留学を終えてからは、今までよりもさらに英語を積極的に話すようになるなど、講座に参加する際の意識が高まっているようです。また長期にわたりグループで行動をともにすることで、塾生同士の仲間意識も強くなっている様子。IELTS受験対策のための情報交換したり、プレゼンテーションのためにアイデアを出し合ったりと、プログラムを通じて講座以外の時間も、交流を深めています。


11月29日(日)に行われる最後のレッスンを終えると、12月13日(日)は、いよいよ最終成果発表会・修了式。ここで、塾生たちは4つのチームごとにプレゼンテーションを行います。第4期生たちにとって「おおさかグローバル塾」の集大成となる最終成果発表会。本ブログでも、その様子をお伝えする予定です。

関連リンク
英国留学
IELTS(アイエルツ)について
IELTS(アイエルツ)試験・留学対策

当機関では、ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。登録はこちらから。

2015/11/17

RENKEI 学際ワークショップ 「高齢化社会に生きる」

こんにちは。教育推進・連携部のRです。今日は、先日行われた大阪大学とリバプール大学のRENKEIワークショップについてお話しします。


「寝たきりになり、ベッドから出ることができなくなった妻を、10年間介護してきました。毎日、食事や身の回りの世話をしてきましたが、なにひとつ自分一人でできない、昔好きだったこともなにひとつできなくなった、そんな状況のなかで、明るかった妻はどんどんふさぎがちになっていき、ある日私にこう言います。『もうこんなふうに生きていてもしょうがない。』」― 日本では介護生活を行う人々の間で、このようなシーンは珍しくないのだと思います。

© British Council
生活環境や医療の向上により、日本や英国をはじめとする先進国の平均寿命は飛躍的に伸びました。しかし、社会の高齢化は、介護負担や社会保障費の増加、孤独死など、ネガティブな文脈で語られがちです。高齢化に伴い生じる新たな課題を解決するだけではなく、変化に応じた新しいサービスや、新しい世代間交流のかたちを提案するなど、そのプラスの側面に光を当て、高齢化社会から新たな可能性を生み出す研究や技術が、学術界・産業界に求められています。そのためには、世代と学問分野を超えた対話と協働が不可欠となるでしょう。

© Osaka University
高齢化社会の新たな可能性を探ることを目的として、RENKEIのメンバー大学である大阪大学とリバプール大学がワーキンググループ“Living with an Ageing Society”をスタートさせ、第1回目のワークショップが2015年10月22日から29日に大阪大学で開催されました。このワークショップには、RENKEIメンバーの日英8大学から、若手研究者18名が参加しました。参加者のバックグラウンドは薬学、経済学、看護学、歯学、心理学、教育学、神経科学、デザインなど多岐にわたり、また研究歴の長さの点でも、修士課程の学生からリサーチ・フェロー、講師まで、多様なメンバーが集いました。

© British Council
高齢化に関連する各分野の研究者・産業界からのゲストによるレクチャーのほか、民間の警備会社SECOMが運営する高級老人ホーム「コンフォートヒルズ六甲」などの関連施設への訪問を通じて、「超高齢社会」でもある日本が直面する課題、それらに対応するための取組みや最新技術を学びました。また兵庫県の福祉向上施設・但馬長寿の郷にも訪問し、農村部で生き生きと暮らす高齢者とふれあう機会を体験しました。年をとり、体の自由がきかなくなっても明るく生きるために、外の世界と接点を持つこと、社会の中に居場所と役割があることの重要性を、メンバーは身をもって感じることができたようでした。

これらの経験をふまえ、最終日には、5つに分かれたグループにより、2国間の共同プロジェクト案が発表されました。セラピーロボットなどハイテク機器の受容に関する日英の違いに焦点を当てた研究や、子供や高齢者を含めた多世代がともに暮らすコミュニティのアイデアなどが提案されました。言語、文化、研究分野や研究経験など、さまざまな違いを乗り越えてのグループワークはやはり大変だったようですが、その重要性も同時に認識されたようです。

© Osaka University
第2回目のワークショップは2016年6月にリバプールで開催予定です。今回、英国からの参加者は、日本に深く根付いた「高齢の人を敬う文化」に驚いていたようですが、英国では高齢者はどのように捉えられ、彼らの生活の質を向上するためにどのような取組みがされているのでしょうか? 誰にとっても住みやすい環境づくりを進めるために何ができるのか、日本との比較を通じて、さらに検討を深めることが期待されます。

RENKEIとは
RENKEI(Japan-UK Research and Education Network for Knowledge Economy Initiatives)は、日英の大学間連携を基盤とした、新しい国際産学連携の仕組みです。その役割は、「社会の仕組みの変革を促す」ための対話と実践のプラットフォームを提供すること。ブリティッシュ・カウンシルを事務局として、2015年9月現在、日本6大学(大阪大学、九州大学、京都大学、東北大学、名古屋大学、立命館大学)と英国6大学(サウサンプトン大学、ニューカッスル大学、ブリストル大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)、リーズ大学、リバプール大学)の12大学から構成されています。

2012年の発足時から、各メンバー大学間の連携とリーダーシップにより、若手研究者のスキル開発、航空宇宙工学、持続可能な都市開発など、さまざまなテーマのワーキンググループが展開されています。

関連リンク
RENKEI
高等教育の国際連携
英国留学


当機関では、ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。登録はこちらから。

2015/11/03

<イベントレポート>「英国留学フェア2015」にご来場いただき、ありがとうございました!

こんにちは。広報・マーケティング部のHです。

先日、東京・秋葉原にて当機関が主催する「英国留学フェア 2015」が行われました。今日は、当日の様子について紹介したいと思います。
 

<54校の英国の教育機関が参加!>
この日のために、英国から54校の教育機関の代表者が参加し、会場に個別相談ブースを設置。ご来場いただいた多くの方が、各校のブースの担当者と直接お話していました。各ブースには、日本人の卒業生や日本語を話せるスタッフもいたので、来場者の方がとても気軽に相談できる雰囲気でした。

© British Council
<奨学金、IELTS、ビザ、英会話、渡航準備の相談ブースが登場>
また英国留学フェアには、英国留学を目指す皆さまのさまざまな質問にお答えできるよう、カウンセリングルームを設けました。

ここでは、英国大使館の担当スタッフによるビザの相談ブースや、当機関の英会話スクールの担当スタッフによる英会話レッスンの受講相談ブースを展開。また留学に必要な英語運用能力試験IELTS(アイエルツ)の相談ブースも設置しました。

© British Council
そして1日を通して様々なセミナーも行われました。語学留学を検討する方にむけた「英国語学留学基礎セミナー」、大学・大学院進学を目指す方に向けた「英国大学・大学院留学基礎セミナー」など、弊機関の専門スタッフがセミナールームで解説。
<英国留学経験者による体験談、さまざまなセミナーを開催>


© British Council
そのほか「IELTSセミナー&体験レッスン」ではIELTSの説明とともに、弊機関の英会話スクールの講師がスピーキングのレッスンをしたほか、日本学生支援機構による「奨学金セミナー」も行われました。

フェアの後半に行われた「英国留学経験者による体験談」では、3名の英国留学経験者(UK Alumni)が登壇。ご自身の留学エピソードを語っていただきました。トークショーは「留学先に英国を選んだ理由」から始まり、「留学準備における、成功例や失敗例」といったリアルな体験談や「英国と日本における、生活や教育の違い」など、有益な話をたくさんしていただきました。

© British Council
また英国大使館のInnovation is GREAT キャンペーンにならい「英国留学を通じて“Creative thinking(創造的な思考)”や“Innovative mind(革新的な考え方)”をどのように培ったか」というユニークな質問も投げかけられました。クリエイティブなセオリーが必要とされるビジネスプランの授業、オリジナリティが求められるライティングの授業についてなど、異なる分野で活躍される3名の貴重な留学エピソードを聞くことができました。

今後も当機関では、英国留学に関するさまざまなセミナーを展開していきます。2016年2月22日(月)には語学留学のためのセミナーを、2月29日(月)には大学留学のためのセミナーを各日19時~飯田橋にある当機関で開催。(セミナーに関する情報はこちらのリンクに詳細が決定次第、掲載いたします)

また当機関が主催する「英国留学フェア」は、2016年3月にも開催を予定していますので、今回来場することができなかった方も、次回のご参加お待ちしています!

関連リンク
英国留学
IELTS(アイエルツ)
英会話スクール

当機関では、ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。登録はこちらから。