2015/09/18

RENKEI ワークショップ 「未来を創りだすルネサンス・アントレプレナーシップ:日英における人口構造の変化と、あるべき社会の姿とは」

こんにちは。教育推進・連携部のRです。今日は英国のユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)にて行われた、RENKEIワークショップについてお話しします。

2015年8月2日から13日までの2週間、UCLにて行われた、RENKEIワークショップ“Renaissance Entrepreneurship: Shaping a future of demographic change”。このワークショップに、日英11大学から計22名の大学生・大学院生と若手研究者が参加しました。

© British Council
日本・英国をはじめ、世界の多くの国々では、人口構造の変化(demographic change)に伴い、都市への人口集中、高齢化、移民・難民の受け入れ、格差の増大やエネルギー消費などの多くの課題が生じつつあります。しかし、人口構造の変化には、マイナス面ばかりではありません。新しいビジネスの機会が生み出されたり、新たな雇用が生まれたり、不要になった資源の新たな使い道が見つかるかもしれません。人口構造の変化から新しいチャンスを見つけ出すために必要となるスキルが、「ルネサンス・アントレプレナーシップ」です。

中世のルネサンスが遠近法、活版印刷術や航海術などのさまざまな技術を組み合わせてヨーロッパを繁栄に導いたように、現代社会においては、理系・文系を問わず異なる専門分野の知識を結びつけ、また多様な文化、歴史、考え方や技術を組み合わせることで、私たちが直面する課題を乗り越えるための画期的な方法を創りださなければなりません。

当ワークショップでは、バックグラウンドの異なる多様なメンバーがチームを組み、クリエイティブなアイデアを生み出すためのさまざまなアクティビティが行われました。最終日には各チームが考えた、人口構造の変化に取り組むための社会事業のアイデアを発表しました。

© British Council
チーム1:Renaissance Home
高齢化と都市への人口集中を背景に、日本では無人の家が増加しつつあります。いっぽう、格差の増大、ホームレスの増加や失業率の上昇といった貧困に関連する問題も議論されています。これらの課題を解決するために、放棄された家を改装し、ホームレスの人々に提供したり、ゲストハウスにしたり、地域の憩いの場として提供するほか、不要になったものや家具を販売するショップを作ります。それだけでなく、販売や建築のトレーニングを提供し、新たな雇用も生み出します。

チーム2:Vampere
エネルギーの過剰な消費は、未来の世代に負荷を与える重大な課題です。Vampereとよばれる、電化製品の待機電力を自動的にシャットダウンするデバイスの開発により、エネルギーの消費を劇的に減らし、将来世代のための資源の維持に貢献します。また、Vampereから生まれた利益は、子供が環境技術について学ぶための教育イベントの支援に用いられます。

チーム3:RENKEI TACKLING 7Es
現代社会の優先課題である7E(Entrepreneurship, Education, Environment, Energy, Eating (Food), Exercise (Preventative Health), Eliminating Poverty)に年齢、性別や人種の異なるさまざまな人々がともに取り組むためのソーシャル・ネットワークのプラットフォームを構築します。


最初は全く異なる議論のスタイルや専門の違いに戸惑っていた参加者も、2週間のうちにすっかり打ち解け、グループの中で自分の役割を見つけ、相手のスタイルに合わせて自分のスキルの出し方を変えるなど、文化や言語の壁を越えて協働する能力を磨くことができたようです。結果的に、最終プレゼンテーションではどのチームも素晴らしいアイデアを、自信を持って提案することができました。

© British Council
参加者からは、「チームワークスキルや異文化コミュニケーション能力が向上した」、「自分の将来やキャリアを具体的に考える助けになった」といった意見だけでなく、「国籍、専門、世代、経験や性別の異なる参加者と一緒に課題に取り組むことは、時にはストレスになったが、振り返ってみると、今後実際に役立つチームワークを可能にしたと思う。創造性や革新性が必要とされる時には、いかにお互いを理解してストレスの少ない環境を作るかということが大事だと感じた」、「分野の異なる人々と協力するためには、それぞれの強みを生かす方法を見つけることが大事だということに、ワークショップを通じて気が付くことができた」、「このワークショップに参加するまでは、自分はチームワークでは仕切りがちになることが多かったが、発言の少ない人をサポートしたり、チームのことをもっと信頼できるようになった」といった意見が聞かれました。

© British Council
各チームは、ワークショップ後もFacebookやSkypeを通じてディスカッションを続けます。2016年に大阪大学で実施予定のワークショップ第2弾では、より具体的なアイデアの発展と実用化に取り組む予定です!


RENKEIとは
RENKEI(Japan-UK Research and Education Network for Knowledge EconomyInitiativesは、日英の大学間連携を基盤とした、新しい国際産学連携の仕組みです。その役割は、「社会の仕組みの変革を促す」ための対話と実践のプラットフォームを提供すること。ブリティッシュ・カウンシルを事務局として、20159月現在、日本6大学(大阪大学、九州大学、京都大学、東北大学、名古屋大学、立命館大学)と英国6大学(サウサンプトン大学、ニューカッスル大学、ブリストル大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)、リーズ大学、リバプール大学)の12大学から構成されています。

2012年の発足時から、各メンバー大学間の連携とリーダーシップにより、若手研究者のスキル開発、航空宇宙工学、持続可能な都市開発など、さまざまなテーマのワーキンググループが展開されています。

関連リンク
RENKEI

高等教育の国際連携
英国留学

当機関では、ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。登録はこちらから。

2015/09/15

「おおさかグローバル塾」の英国短期留学

皆さん、こんにちは。広報・マーケティング部のHです。

本ブログでは、ブリティッシュ・カウンシルが企画・運営を行う「おおさかグローバル塾」の英国留学コースの活動を紹介しています。

今回は、7月末から8月にかけて塾生たちが英国を訪れた、14日間の「英国短期留学」の様子を紹介します。訪問した場所や、体験したことをピックアップしてお伝えしますね。

今回の英国短期留学で訪問した主な場所は、ロンドン芸術大学付属国際芸術学院(ISCA)、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)、ハートフォードカレッジ、リーズ大学です。ISCA、リーズ大学は訪問だけでなく、学生寮にも宿泊しています。



<ロンドン> 7月30日~8月4日
7月30日に関西国際空港を飛び立ち、ヒースロー空港に到着した塾生たち。到着後は、ISCAに向かいました。この期間は、ISCAの学生寮に6泊し、同校のアートのレクチャーを受けたり、芸術史の講義を受けたりしました。また3日にはロンドン芸術大学を、4日にはUCLをそれぞれ訪問し、同校の講義を受けたほか、オリエンテーションにも参加しました。




<オックスフォード> 8月5日
6日間宿泊したISCAの学生寮から移動し、8月5日に、塾生たちはオックスフォードへと向かいました。訪れたハートフォードカレッジでは、チュートリアルシステムについてのレクチャーを受け、ダイニングホールで昼食。レクチャーでは、カレッジによって校風が異なることや、学生生活の様子が具体的に紹介され、関心が高まった塾生たちはたくさん質問を投げかけたそうです。その後は市内を散策し、リーズへと移動しました。



<リーズ> 8月5日~8月11日
リーズ大学でも、学生寮に6日間滞在しました。初日はオリエンテーションやキャンパスツアーから始まり、その後、塾生たちはレクチャーやさまざまなアクティビティを体験。期間中は、現地の学生の方がアンバサダーとして加わってくれたそうです。ビジネスプランを組み立てる講義では、英語でプレゼンテーションを発表。そのほか、カントリーハウスを実際に訪れ、歴史や当時の生活様式について学んだほか、大学のクラブ活動にも参加しました。



そして8月11日、塾生たちをサポートしてくれた大学スタッフやアンバサダーたちに見送られ、リーズ大学を出発しました。マンチェスター空港を発ち、13日の夕方に帰国。関西国際空港に到着しました。



2週間の英国短期留学で、塾生たちは国際的に高い評価の大学での講義と多くの学問分野にふれ、ありのままの英国留学を経験しました。留学中の活動については、塾生たち自らが書いたレポートが弊機関のサイトに掲載されているので、ぜひご覧くださいませ。



英国短期留学を終えた塾生たちは、9月13日から始まった「長期留学準備講座」に参加しています。本講座で、海外進学に必要なIELTS(アイエルツのスコアを取得できるように、試験についての理解を深めていきます。

関連リンク
英国留学
IELTS(アイエルツ)について
IELTS(アイエルツ)試験・留学対策

当機関では、ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyer」を毎月配信しています。登録はこちらから。

2015/09/03

留学準備をするなら今秋から! 9~10月の「英国留学セミナー」のお知らせです

こんにちは。
広報・マーケティング部のHです。

暑さが少し和らいできましたね。今日は9月から10月に開催される「英国留学セミナー」のご案内です。スケジュールとともに、セミナーでどんなことを学べるのかを、このブログで少しだけご紹介したいと思います!

© Mat Wright

英国留学セミナー <イギリス語学留学> 

語学留学を希望する方を対象にした、本セミナー。英国で語学留学することは、ブリティッシュ・イングリッシュに触れられるだけでなく、高い教育水準を誇る大学の語学コースを選べるなど、たくさんの強みがあります。当日は、英語の発祥地で語学を学習することの魅力を、スタッフが皆さんにお話しします。

英国の英語コースは認定制度によって質の高さが保証されており、学校を選ぶ際の判断基準になります。ブリティッシュ・カウンシルと“English UK (※)”が英語教育機関を対象にしたアクレディテーションUK認定制度を運営し、定期的に監査を行っています。

教師、教授法、施設、運営などの面で厳しい基準を満たした公認校(www.britishcouncil.org/accreditation-az-list)は2015年4月現在、英国全土500校以上に点在しています。また、地域・語学学校・コースの選び方についてもご案内。安心して語学留学するために必要な情報が、盛りだくさんのセミナーです。

※English UK(www.englishuk.com)は、英国の語学学校で構成されている任意の団体で、質の高い英語教育を推進する活動を行っています。私立の語学学校やカレッジ、専門学校や大学の語学センターなど、私立と公立両方の学校が含まれ、全国約470校がメンバー校です。

【開催概要】
日時:2015年9月7日(月)19:00~20:30
会場:ブリティッシュ・カウンシル(飯田橋・東京)
参加方法:要予約(参加費無料)

お申込・詳細はこちら

© Mat Wright
英国留学セミナー<イギリス大学学部・大学院・短期留学>

本セミナーでは、英国の大学・大学院留学・短期留学(交換留学を含む)について、それぞれスタッフがご説明します。プランニング、入学条件、出願方法はもちろん、英国の教育のスタイルについても解説。日本の大学とは異なる授業構成、求められるスキルなど、留学前に知っておきたい情報を得ることができます。

【開催概要】
日時:2015年9月28日(月)19:00~20:30
会場:ブリティッシュ・カウンシル(飯田橋・東京)
参加方法:要予約(参加費無料)

お申込・詳細はこちら


英国留学セミナー in 仙台

弊機関のスタッフが仙台を訪れ、セミナーを開催します。ここでは、語学留学・大学進学準備コース・大学学部留学・大学短期留学(交換留学を含む)・大学院留学のそれぞれについてご説明します。 留学を検討している方も、漠然と興味がある方も、きっと役立つ情報が得られるはず。Q&Aの時間もあるので、気になることがあれば、ぜひスタッフに質問してくださいね。

【開催概要】
日時:2015年10月18日(日)13:00~14:30
会場:仙台国際センター 交流コーナー 研修室
内容:語学・大学・大学院・短期留学(交換留学を含む)の説明会
参加方法:要予約(参加費無料)

お申込・詳細はこちら

また、それぞれのセミナーでは、留学する際に必要な英語運用能力検定試験IELTS(アイエルツ)についても触れられます。試験の流れや特徴のほか、試験対策方法など、おさえておきたいポイントをスタッフが参加者の皆さんにお伝えします。

そして、これらのセミナーを終えると、10月24日(土)には東京で、英国から約55校の教育機関の代表者が参加する「英国留学フェア 2015」が開催されます。学校ブース、留学準備コーナー、ビザ相談コーナーなどがあり、直接相談を行うことも可能。「英国留学セミナー」で情報収集してから、本イベントに参加するのもおすすめですので、ぜひ留学をお考えの方は、今から予定をあけておいてください♪

関連リンク
英国留学
IELTS(アイエルツ)
英会話スクール

当機関では、ブリティッシュ・カウンシルの総合的な情報をお届けする、メールマガジン「e-flyerを毎月配信しています。登録はこちらから。