2015/06/30

文部科学省との連携による【英語教育推進リーダー中央研修】を駐日英国大使が参観

こんにちは、広報・マーケティング部のHです。

今日は、ブリティッシュ・カウンシルと文部科学省(以下、文科省)との連携による英語指導力向上事業「英語教育推進リーダー中央研修」についてのお話です。

英語教育推進リーダー中央研修」とは?

ブリティッシュ・カウンシルは、文科省から、昨年に引き続き、英語指導力向上事業「英語教育推進リーダー中央研修」を委託されました。

© Kenichi Aikawa

英語教育推進リーダー中央研修」は、2014年度から2019年度までの5年計画で全国の小・中・高等学校すべての英語担当教員が研修を受けることを通じて、英語指導力の向上を目指す事業です。英語教育のリーダー的立場にある教員の指導力を向上させ、その指導法を日本中の教員へと波及させる新たな研修モデルです。

© Kenichi Aikawa

英語指導力向上のための新たな研修モデルの特徴

英語教育推進リーダー中央研修」は、“カスケード方式”を採用していることが大きな特徴といえます。カスケードとは「伝搬」という意味で、研修を受けた教員自らが他の教員に研修を行っていくことで、成果を波及。研修は情報を共有するだけではなく、言語活動の実際を参加型で体験することが重要です。そのために、まず教員が研修で実際に体験し、さまざまな側面を“体感”します。「授業が変わる」という最終的な目標には、この過程が欠かせません。

実際に「英語教育推進リーダー中央研修」を受けた教員の声

初めて行われた2014年度の「英語教育推進リーダー中央研修」では、参加した小・中・高等学校の英語教員のうち約9割が第1回研修後のアンケートで「授業のほとんどを英語で行っている(行おうと思っている)」と回答。授業に対する大きな意識変化がみられました。
2014年5月~6月に第一回集合研修に参加した全教員に対し、研修の前後で授業を英語で行うことに関する意識調査を実施
研修参加教員の意識調査結果 (2014年5月~6月に第一回集合研修に参加した全中学校教員)

そのうち、中学校の英語教員のアンケート回答結果に注目してみました。研修前は「授業のほとんどを英語で行っている(行おうと思っている)」「授業の半分以上を英語で行っている(行おうと思っている)」と答えた教員が全体の約40%だったのに対し、研修後は全体の95%以上になりました。そのほかの「研修参加教員の意識調査結果」はリンクよりご覧いただけます。

またアンケートでは、次のような回答がありました。

「つい今朝まで、リスニングを教えることとは、リスニング教材を与え、質問に応えさせることだと思っていました。『テストとは生徒に技術を教えることではない』-トレーナーからこう聞かされた時、目の前の霧が晴れたように感じました。」
「一番うれしかったのは、単に理論や授業アイディアを紹介するのではなく、我々の実際の授業の中に落とし込んでいくところまでのアイディアを頂いたこと、すべての内容を体験型のスタイルで学べたことです。実際に生徒になり、自分にとって新しいスタイルで学び、感じたことを他の受講者と話し合う、この方法が首尾一貫していたことが良かったです。」

駐日英国大使が訪問し、中央研修を参観

© Kenichi Aikawa
2年目となる、 2015年度の中央研修には、全国の教育委員会などから推薦された小・中・高等学校の英語担当教員、外国語指導助手(ALT)約650人が参加します。英語教授に関する国際資格DELTA(Cambridge Diploma in English Language Teaching、大学院修士号と同等の資格)をもつ、ブリティッシュ・カウンシルのネイティブ英語講師が研修を行っています。

2015年5月27日(水)には、ティム・ヒッチンズ駐日英国大使が、当機関で開催された「英語教育推進リーダー中央研修」を参観しました。この日は、2府16県(※)の中学校の英語担当教員49名が参加。大使は教室で研修の様子を参観したあと、教員たちと英語で懇談の時間を過ごし、自身が1970年代に日本で英語講師として勤務した経験や、当時と現在の英語教育の変化などについて話しました。

© Kenichi Aikawa
交流の最中、ひとりの教員から、英語教育のリーダーになることに責任と緊張感を感じるというコメントがありました。大使が「Nervousness is a good thing.(緊張感は、よいこと)」「Because it’s a challenge.(それは、挑戦しているからなのです)」と返すと、教室の中で教員たちの頷く声が聞こえました。

5月に開始した第1回集合研修を終えると、9月からは第2回集合研修「指導のための研修」がスタート。そして11月からは、研修に参加した教員がいよいよ各地域で実習を行います。

※2015年5月27日の研修に参加した教員は下記の都道府県の代表です。
青森県、群馬県、神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、山口県、鳥取県、香川県、高知県、福岡県、熊本県、大分県、沖縄県 

関連リンク
英語教育支援
英語教員への支援・指導者向けサイト「Teaching English」

2015/06/05

【英国へ6か月以上留学される方へ】ビザ申請時の最新の変更点について

皆さん、こんにちは。広報・マーケティング部のJです。
東京もいよいよ梅雨入り間近と言われていますが、いかがお過ごしですか。

© Mat Wright














さて、今日は英国へ6ヵ月以上留学される方へ、留学前にチェックすべき、最近数か月のうちにあったビザ申請時の変更点についてお知らせします。

なお、以下に記載する情報は、本ブログ執筆時点(2015年6月6日)の情報で、駐日英国大使館のWebサイトより抜粋・テキストの一部を改変したものです。
必ず英国大使館Webページおよび最新情報をチェックしてくださいね。


健康保険付加料の支払い

© Mat Wright














2015年4月6日より、英国に6月以上滞在する非ヨーロッパ国籍者は、滞在中にNHS(ナショナルヘルスサービス)の対象者となるために健康保険付加料の支払いが義務付けられました。
健康保険付加料は年間200ポンド(学生は年間150ポンド)で、個々のオンラインビザ申請を提出する時に支払うこととなります。ビザ申請者は、各々の英国ビザの合計期間に対して、前払いが必要となります。
付加料を支払うことで、移住者はビザ有効期間中に、NHSに対して英国の永住者と同じ権利(NHSの無料診療)を持つことが出来ます。

<駐日英国大使館WEBサイトの当該ページ>
4月6日より、英国に6ヶ月以上滞在する非ヨーロッパ国籍者は、滞在中にNHSの対象者となるために健康保険付加料の支払いが義務付けられます。



生体認証情報を含む滞在許可証発行


2015年5月31日以降、日本からの英国ビザ申請で、滞在が6月以上の非EEA(欧州経済領域)国籍者に対して、生体認証情報を含む滞在許可証「バイオメトリックレジデンスパーミット(BRPs)」が発行されることになりました。この変更は、Tier 4 学生ビザが必要な長期滞在の学生にも適用されます。
2015年5月31日以降の申請者は、ビザ有効期間が満期でカバーされるこれまでの”vignette”の代わりに、30日間の入国許可を記したステッカーがパスポートに貼られます。続いて英国に入国後10日以内に郵便局にてBRPを受領する必要があります。BRPカードは英国内での就労、就学、または公共サービスの利用権利を証明するものとして使用できます。
なお、申請の流れは今までと特に変更はなく、英国での滞在が6か月以上となる場合、オンラインでの申請用紙入力時に、英国国内での滞在先の郵便番号など、追加の情報を求められます。大きな変更は、英国到着後にBRPを郵便局で受領する点です。
©VisitBritain / Tony Pleavin















もし、発行された短期ビザの入国猶予期限(30日間)が切れた場合、もしくは渡英前に切れてしまう場合には再度申請が必要になります。

<駐日英国大使館WEBサイトの当該ページ>
英国に6ヶ月以上滞在する方へのビザプロセスの変更


関連リンク
英国留学総合情報サイト「Education UK」
ビザ取得に関わる新しい「IELTS(アイエルツ)」

締め切りせまる! 英国の大学・大学院へ留学される方にむけた「IELTS Study UK 奨学金」

こんにちは、広報・マーケティング部のHです。

今回は、英国の大学・大学院へ留学される方を対象にした「IELTS Study UK 奨学金」についてのご案内です。



英語能力試験「IELTS(アイエルツ)」について

海外留学をお考えの方は、すでにご存知の方も多いと思いますが、英語能力試験「IELTS」は留学・海外移住に必要な英語力を評価する国際的な試験です。世界最大級の受験者数を誇る英語運用能力試験のひとつで、その数は年間約250万人。現在は、英国、米国、オーストラリア、ニュージーランドを含む140以上の国と地域で、9,000以上の教育機関、国際機関、政府機関が、この試験を採用しています。


IELTSは、授業や仕事、生活をしていく英語力がどの程度あるかを測るためにつくられた試験で、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングといった4つの英語能力を測定します。合格・不合格はなく、4技能のパートごとに1~9までのバンドスコアで示されるのも特徴です。

「IELTS奨学金」とは?


IELTS奨学金2014 授賞式 の様子
IELTSの受験生のために、そして日本人の国際化、文化・教育分野での交流促進のためにはじまった奨学金制度「IELTS奨学金」。そのうち、英国の大学・大学院へ留学される方にむけているのが「IELTS Study UK 奨学金」で、2015年度は5人の奨学生の方へ 、3,000ポンド(※)を学費補助として支給します。

※3,000ポンドは、日本円に換算されて日本の銀行口座へ振り込まれます。換算レートは2015年8月のブリティッシュ・カウンシルのレートを採用します。

  ↓「IELTS Study UK 奨学金」の応募資格はこちら↓
1. 応募時点で日本在住の方。
2. 英国の大学・大学院に2015年中に進学する方、もしくはすでに留学している方。
3. 2013年4月から2015年6月13日までに、日本国内でIELTSを受験し、オーバーオールスコアで6.0以上を取得された方。
4. 留学中・留学終了後にわたり、IELTS大使としてIELTSと留学に関しての広報にご協力いただける方。

「IELTS Study UK 奨学金」の詳細、応募方法、選考日程などは、リンクをご確認くださいませ。応募受付は郵送で行っており、締め切りは、2015年6月30日(火)当日消印有効となっています。締め切りがせまっておりますので、ぜひお早めにご確認くださいませ。

なお「IELTS奨学金」には、米国またはカナダの大学・大学院に留学される方を対象にした「IELTS北米奨学金2015」も。この奨学金制度は、IELTS北米奨学金事務局が主催しています。

また「IELTS奨学金2014」の授賞式については、こちらのリンクよりご確認いただけます。

関連リンク
IELTS(アイエルツ)ついて
IELTS対策オンライン講座(無料)
英会話スクール IELTS試験・留学対策
英国留学